胸を打つ瞬間を次々と。

タグボートする(引っ張って導く)人を増やす。

「タグボート」とは船の種類のひとつで、小回りのきかない大きな船を、引っ張って港に着岸させたり、出航させたりする、小さいけど力持ちの船です。

胸を打つ瞬間を次々と。

目の前のお客様を、最高にハッピーな状態まで引っ張っていきたい! という想いが込められた屋号です。



◎経営理念◎

胸を打つ仕事を通じて、お客様をハッピーへと導くタグボート(牽引船)であり続けること。

現在、グループ会社は5社、お店は6店舗ありますが、 すべての仕事は、お客様の予測を上回り、幸せへと導くことを目指して行動しています。



◎現在までの歩み◎

自然に集まる“タグボートな人”。デザイン会社、PR会社、不動産会社、飲食店、美容室・・・さて、次はどんな仲間が増えるのか?

タグボートがやりたい!という人たちが自然に集まって、いろんな業種のタグボートができました。 お客様へのさらなる付加価値として生まれた会社や、独立相談から始まって仲間としてグループ内で起業した会社、異業種でコラボして生まれたお店など、いろんなカタチで仲間が増えました。



◎ミッション◎

胸を打つ瞬間を、次々と。

人は、人生のほとんどを、仕事だったり、何かを買ったり、売ったり、生産したり、使ったり、サービスを受けていたり・・・といった経済活動に費やしています。
それならば、経済活動が楽しく心豊かなものになれば、たくさんの人々の人生が心豊かなものになるということ。
それって、すごく幸せなことです。
でも、世の中のほとんどの会社は、そんなことよりも自分たちの売上や利益ばかりを追求しています。
私たちは、経済活動の中に「感動」とか「共感」とか、素の心で胸の奥からグッとくる、そういう感情をたくさん創って、「胸を打つ」仕事を一緒にやってくれる仲間をたくさん増やすことで、私たちの周辺から世の中を変えることができると信じています。

胸を打つ瞬間を次々と。
そして、私たちはこの活動を、あえて営利組織である企業活動を通じて行います。
ボランティアではなく、ビジネスの持つパワーとエネルギーを活用することによって、“胸を打つ瞬間を次々と”巻き起こし、オセロの石を返すように、世の中に変化を与えていきます。
この考えに共感してくれる人、どうせ人生のほとんどの時間を仕事で使うならば、魂を燃やせるような仕事をして人生を楽しくしたいと思った人、 私たちの船に乗りませんか?



◎求める人財像◎

胸を打つ人は、こんな人。

求める人物像



『タグっ子』と言うと若い人だけを指しているようですが、そうではありません。
中学を出たての15歳からベテランの40代まで、全てのスタッフに『胸を打つ仕事』を追求する『タグっ子』として、会社と共に成長し続けてほしいと考えています。
これから当グループへ入社される方には、『世界一の感動創造会社を目指すタグボートファミリーの一員として、強い人間力を持った《人財》として育ってほしい』と強く願っています。